• 【サイズ】
    着丈 約98cm
    袖丈 約56cm
    裄  約46cm

    【素材】
    表地 絹100%
    裏地 ポリエステル100%
    長襦袢 ポリエステル100%


    □□□お宮参りとは□□□
    お宮参り(初宮参り)とは、生後1か月前後に行われることが多い、氏神社への初参拝の儀礼であり、子どもの無事な誕生を神様に報告し、感謝するとともに将来への加護を願う行事です。
    また氏子入り(うじこいり)と呼ばれる、社会的な認知という役割を担ってきた通過儀礼でもあります。
    古くはヒアケ(日明け)、ウブアケ(産明け)など地域によって様々な呼び名がありましたが、現在は「お宮参り」と呼ばれることが多くなっています。

    現代のお宮参りは、産土神(うぶすながみ)と呼ばれる新生児が誕生した土地を守る神様に限らず、近所の神社や有名神社に参拝し、御祈祷を受けるという流れになっていますが、家庭や地域によってはその後写真撮影やその他の工程を追加していることもあります。

    □□□お宮参りの時期□□□
    お宮参りの時期については諸説あります。
    生後1か月を目安にするという点では大きく異ならないものの、男児の場合は生後31日、女児の場合は生後32日という地域がある一方で、男児の場合は生後32日、女児は生後33日としている地域もあります。
    同じ県内でも東西南北にさらに枝分かれした文化が残っているため、自分の住む地域の習慣について祖父母に尋ねておくとよいでしょう。

    また、新潟県や東北6件、北海道の一部などの雪深い地域では、生後1か月が冬季にあたる場合、参拝に行くことが物理的に困難であることから、生後100日にお宮参りを行うこともあります。
    このようなことから、生後1~3か月の間に行うことができればよいというように、お宮参りの時期や日程については柔軟に考えた方がよいでしょう。

    □□□お宮参りの服装□□□
    日本の伝統的な通過儀礼であるお宮参りは、神社という神聖な場所で行われることから、昔から正装をして行く方が大半でした。
    赤ちゃんにとって当時の正装とは内着に産着(初着・祝い着・掛け着ともいう)を掛けるといったものです。
    両親も、父親は着物に羽織、母親は黒留袖等といった服装で参拝していました。

    現代では、赤ちゃんの服装は比較的自由であり、上記のような伝統を重んじる和装を着用するご家庭もあります。
    それに合わせるような形で、母親は黒留袖までとはいかなくとも、色留袖や訪問着等を着用することが増えています。

    母親が和装をする場合、父親も和装してもよいのですが、現代では黒のフォーマルなスーツやビジネス用のスーツを着用する方が多いようです。
    赤ちゃんが洋装の場合は、父親は上記のような洋装、母親は露出の少ないワンピースやスーツで参拝することが多くなっています。

    □□□七五三について□□□
    産着は七五三でもご利用いただけます。
    七五三の三才の時には、男の子は袴、または被布。女の子は結び帯、または被布を揃えてお使いになれます。
  • 【Photo of the Day】 鳳凰古城の歴史ある街並み
  • 【レンタル】訪問着 レンタル フルセット レンタル訪問着 若向き 黄色 扇面・季節花 乙葉 149cm~167cm位まで 足袋・肌着プレゼント 往復送料無料 8AD276

買い保障できる 花雪輪 手描き友禅 赤 一越 166 スーパーセール お花に金コマ刺繍 【送料無料※】 女の子 熨斗目 のしめ 一ツ身 産着 初着 お祝着 初宮参り その他 もみじ-チャイルドシート本体

日本のエクスプローラー

買い保障できる 花雪輪 手描き友禅 赤 一越 166 スーパーセール お花に金コマ刺繍 【送料無料※】 女の子 熨斗目 のしめ 一ツ身 産着 初着 お祝着 初宮参り その他 もみじ-チャイルドシート本体

買い保障できる 花雪輪 手描き友禅 赤 一越 166 スーパーセール お花に金コマ刺繍 【送料無料※】 女の子 熨斗目 のしめ 一ツ身 産着 初着 お祝着 初宮参り その他 もみじ-チャイルドシート本体

ジャンルで探す

【送料無料】メイクボックス カラフル&コンパクトでどこでもメイク!